カラオケ「ビッグエコー」の特徴

カラオケ「ビッグエコー」の特徴、料金表、お得な利用方法まとめ

第一興商のカラオケチェーン店ですから、利用できる機種はDAMのみとなります。DAMはシェア7割を誇る大変人気のある機種です。

 

カラオケの店舗数は450を超え、現在店舗数が全国2位のカラオケ店となります。どの都道府県にもビッグエコーはあるはずです。今回はこのビッグエコーの特徴と料金とお得な使い方について解説していきます。

 

ビッグエコーの特徴

・料金は高め
・置いている機種はDAMのみ
・直営店なのでヒトカラであっても新機種を使えることが多い
・サービスの質は高い(防音、Wi-Fi、新機種など)
・メニューが豊富

 

料金は高めとなります。今は激安カラオケ店が増えています。たとえば激安店で有名なまねきねこですと、フリータイム最大12時間歌い放題(OPENで受付した場合)で平日の昼は850円(ドリンクバー付き)程度で利用ができます。

 

ビッグエコーの場合、クーポンを利用しても、最大9時間の利用(OPEN時に受付した場合)でフリータイムは平日の昼だと1300円くらいです(料金は店舗によって多少異なる)。ヒトカラですと1700円くらいです。

 

500円〜850円近い差があります。どのカラオケ店と比べても料金は高めだと思います。

 

ただし、第一興商が経営しているカラオケ店であることから、置いてある機種はDAMだけですが、新機種をそろえていることが多く、例えばヒトカラ利用ですと他のカラオケ店では古い機種に回されることが多いのですが、ビッグエコーでは最新機種で歌えることが多いです。機種の品揃えの良さが特徴となります。

 

サービスの質は大変よいです。私はいろんなカラオケ店に行っているのですが、防音という面で、ビッグエコーは優れていることが多かったです。安いカラオケ店ですと、どうしても防音が不十分で、歌っていて隣の人の歌声が微かに聞こえてくることがあるのですが、ビッグエコーではそういったことはなかったです。防音室の作りがよいのだと思います。

 

ビッグエコーでは全店舗でフリーWi-Fiが付いており、充電も無料でできます。受付表にフリーWi-Fi用のパスワードが書いてあり、それを入力するとWi-Fiが無料で使い放題となります。カラオケ利用は勿論、パソコンを持ち込んでネットサーフィンもできますし、タブレット持ち込んで動画を見たり、スマホからネット利用もスピーディーにできます。

 

接客の質もよいことが多かったです。激安店ですと安い人件費でたくさんのお客さんを相手にするため、店員がピリついていたり、顔が死んでいたりすることがあります。そういったお店でサービスを受けるのは気持ちいいものではありません。

 

客層も安いお店だと学生さんやウェーイな客が増えるので、ヒトカラ利用する時など気になります。ビッグエコーではそもそも料金が高いですから客層はよく、店員さんの接客もよいことが多かったです。ビッグエコーでは飲食の持ち込みは全店舗で禁止となります。その代わりメニューがとても豊富でポテトから唐揚げから一品料理からご飯ものから何でもあります。

 

料金は高くても、DAMの最新機種を楽しみたいという方や客層のよいお店に行きたいという方、フリータイムの追い出しを気にせずカラオケ楽しみ方、防音面やWi-Fiなどサービスの質を求める方にはピッタリのカラオケ店となります。

 

料金表について

料金は店舗によってそれぞれ異なるので必ず自分が向かう店舗の料金表を確認する必要があります。たとえば神奈川県の橋本駅前店ですと以下になります。

 

カラオケビッグエコーの料金
引用:https://big-echo.jp/shop_info/ビッグエコー橋本駅前店/

 

料金は少しわかりにくく、料金は以下の5つに分かれます。

 

・学生料金…学生さんで学生証を提示した方
・シニア料金…60歳以上の方
・会員料金…会員登録した方(アプリ会員またはカード会員)
・一般料金…会員登録していない方
・ヒトカラ料金…1人で利用する方

 

学生さんやシニアの方は割引きとなるので学生証や年齢のわかる身分証明書を提示します。一般料金だと高いので、初回の利用の時にアプリ登録するかカード会員登録してメンバーズカードの作成をした方がよいです。これについてはあとで解説します。

 

1人で利用する場合ヒトカラ料金となります。

 

利用する場合「30分単位での受付」か「フリータイム(前半の部がOPENから、後半の部が19時から)」のどちからになります。

 

利用時間が2時間未満の場合は30分単位で受付した方が安くなります。たとえばヒトカラ利用で平日の昼に1時間利用した場合、室料が460円となります。ワンドリンク制の場合必ず受付時にドリンクを1つ注文する必要があります。ドリンクは1杯350円〜400円程度です。400円のジュースを注文した場合、室料と合わせて、1時間の利用で860円となります。

 

2時間以上、長時間利用したい場合はフリータイムの方がお得となります。フリータイムは前半の部(OPENから受付開始)と後半の部(平日は19時から受付、休日は23時から受付)に分かれています。

 

わかりにくいのですが、ようは、会員登録して、あとは「30分単位」か「フリータイム」か、「ワンドリンク制」か「ドリンクバー付き」かということです。

 

ショートタイム(2時間未満の利用)での利用なら30分単位で受付してワンドリンク付ければよいと思います。フリータイムで利用した場合は、受付時間を注意して、フリータイムにドリンクバーを付けて受付すればよいと思います。

 

ビッグエコーをお得に利用する方法について

・会員登録をする
料金表を見てもらえばわかりますが一般と会員の料金は大きく違います。会員になっておいた方がお得です。
ビッグエコーの会員には2種類「アプリ会員」と「カード会員」があります。登録料は以下の通りです。

 

・アプリ会員(会員登録費:無料)
・カード会員(会員登録費:500円)

 

アプリ会員の場合、アプリをインストールして基本情報を入力すればすぐに会員登録ができます。会員費用もかかりません。アプリ会員になるメリットは以下の通りです。

 

・無料会員登録が可能
・定期的に限定クーポンが届く
・ポイントが貯まる

 

ただし、スマホ画面上につねにビッグエコーのアプリが存在する状態です。たまにクーポン情報などの通知がきます。

 

ビッグエコーをよく通うという方はアプリ利用はクーポン情報もあるので大変便利ですが、それが嫌な方は初回に500円を払ってカード会員(BIG ECHO club DAM メンバーズカード)です。
どちらも100円で1ポイントが加算され、100ポイントで500円割引となります。

 

登録方法ですが、カード会員は店舗の受付で行います。身分証明書(運転免許証・保険証・パスポート・学生証等)が必要になります。
アプリ会員は以下から各自で無料登録が可能です。

 

アンドロイドの方

 

iphoneの方

 

・クーポン情報について
前述したアプリ登録すれば、アプリのクーポン欄から定期的にクーポン情報が流れるので、それを受付時に見せればクーポンを受けることができます。たとえば室料10%Offクーポンや室料30%Offクーポンなどです。
アプリ登録していない方でも、公式HPのクーポン情報のページでクーポンを見つけ、その画面をそのまま受付時に店員さんに見せればクーポンが適用されます。クーポン情報のURLは以下の通りです。

 

https://big-echo.jp/coupon-2/

 

・エポスカード優待について
エポスカードとはクレジットカードのことですが、これを受付時に提示すると「ルーム料金 一般料金より30%OFF」もしくは「ドリンクバー付き・飲み放題コース お会計総額より10%OFF」となります。

 

総額割引きではなく、あくまで室料が30%Off、もしくはドリンクバー付きフリータイムにする場合は総額10%Offとなります。もしエポスカードを持っている方は忘れずに提示するようにしましょう。

 

・やはり金曜の夜や土日祝日よりは平日(特に昼間)の方が安い
料金表を見てもらえればわかりますが、平日の昼が一番安く、次に平日の夜、一番料金が高くなるのが金曜日の夜、祝日前の夜、土日祝日の夜です。
一番安く利用したいなら平日のOPEN時〜昼を狙って受付をするのがベストです。

 

 

フリーWi-Fiについて

全店舗、全ルームでフリーWi-Fiとスマホ充電器が設備されています。これは大変ありがたいですね。ルーム内であってもWi-Fiで高速インターネットを楽しむことができます。

 

利用方法

一般料金だと高いので予めアプリをインストールして無料でアプリ会員になっておくか、アプリが常にスマホ内にあるのが嫌な方はカード会員になるこがおすすめです。料金が全然違ってくるので。

 

フリータイムを利用する場合は、前半の部(OPEN〜)と後半の部(夕方から夜にかけて)にわかれており、受付開始時間がそれぞれ異なるので、行く店舗の料金表を確認して、受付する時間を確認しておく必要があります。

 

2時間未満のショートタイムでの利用の場合は30分単位での受付をしてワンドリンク注文でのよいと思います。学生さんやシニアの方は学生証や身分証明書を提出すると安くなります。クーポンも公式HP欄の画面を見せると安くなります。機種はダムしかありませんので、そのまま案内され、時間まで歌って、会計して帰ります。

 

フリータイムで満席になると追い出しってあるの?

基本的にビッグエコーではフリータイムでの満席での追い出しはありません。これについては公式HPでアナウンスはされていないのですが、私は何度もビッグエコーに行っていますが、フリータイムで退席を求められたことは一度もありません。

 

激安カラオケ店ではお客さんがたくさん入りますから、フリータイム3時間保証と受付で説明され、満席になると、入室時間が早いお客さんから順に退出となります。

 

ビッグエコーは安さを売りとしていませんから、大型連休などあまりに客が多い時期だと3時間保証を設けることがあるのかもしれませんが、基本はそういったことはないです。

 

フリータイムで受付をすれば、その時間いっぱいまでカラオケを安心して楽しむことができます。

 

ルームについて

ビッグエコーではカラオケルームには色々な種類があるようです。私はビッグエコーではヒトカラ利用しかしたことありませんから、大抵LIVE STAGE ROOMに通されます。

 

殆どの方はこの通常のルームだと思います。希望がない場合は通常の部屋となります。予約をしていた方や希望者にはそれ以外のルームが用意されることがあるようです。以下のルームが存在します。

・LIVE STAGE ROOM(ライブステージルーム)・・・ライブダムに最適化された部屋となります。

・ELLEGANT ROOM(エレガントルーム)・・・女性向けに可愛い内装となっており、赤やピンクなどのソファーが容易されています。女子会向けの部屋となります。
・KIDS ROOM(キッズルーム)・・・子供と一緒にカラオケをするという方向けに、内装が子供むけとなっており、多くのクッションが使われて怪我をしないように安全性が保たれています。
・LHIGTING ROOM(ライティングルーム)・・・楽曲に合わせて派手な照明がキラキラ向けられます。
・RECORDING ROOM(レコーディングルーム)・・・レコーディングに最適な部屋となります
・フリカラ ROOM (フリカラルーム)・・・踊れるスペースが確保されているので、踊りながらカラオケを歌うことができます。


それぞれの店舗によってどのルームが用意されているのが違いがあるので、以下でルームにチェックを入れて検索が可能です。
https://big-echo.jp/shop_search/

 

予約について

通常は予約なしで行って受付してカラオケを楽しめます。
予約した方は、3名以上の利用の方はWEB予約が可能です。以下が予約画面となります。
https://big-echo.jp/reserve/

 

持ち込みは?

全店舗で持ち込みは禁止となります。

 

置いてある機種について

DAMのみとなります。直営店のため最新機種が用意されている可能性が高いです。

 

ヒトカラは?

ビッグエコーではヒトカラ料金が設定してあります。他のカラオケ店と比べたら、ヒトカラ利用では料金は高めとなります。

 

料金さえ気にならなければヒトカラ利用はとてもしやすいカラオケ店かなと思います。安いカラオケ店ですと集団客や学生さんが多く、受付時に1人だとちょっと肩身が狭いです。部屋の乱入のリスクも考えてしまいます。客入りがあまりに多い店だとフリータイムで注文したにも関わらず満席になると退出してくださいと言われることがあります。

 

料金は安くてもフリータイムで長い時間歌えないのであれば意味がありません。また、ヒトカラだと機種も古い部屋に回されがちです。

 

ビッグエコーだと高い料金さえ支払えば、ヒトカラであっても新しい機種を楽しめますし、満室になっても退出を求められることはありません。時間いっぱいまで、時間を気にせず楽しむことができます。

 

客層もよいので安心してヒトカラを楽しむことができます。防音の面でも優れていることが多かったです。どの部屋でもフリーWi-Fiや充電が使えますから、ノートパソコンやタブレットを持ち込んでネットサーフィンを楽しむこともできます。料金設定だけがネックですが、それ以外ですと、ヒトカラ利用で大変満足のいくものです。

 

利用時間は金曜の夜や土日祝日の夜や大型連休時などお客さんが増える時間帯はヒトカラは避けた方が無難です。平日の昼や平日の夜や土日祝日の昼などはヒトカラ利用しやすいかなと思います。

 

このページの先頭へ戻る