カラオケ「ジャンカラ」の特徴

カラオケ「ジャンカラ」の特徴、料金表、お得な利用方法まとめ

ジャンボカラオケ広場は西日本(特に関西)を中心とした大型カラオケチェーン店です。カラオケ店舗数は全国4位となっており、とにかくリーズナブルな料金設定で人気のカラオケ店となります。

 

どのコースを選んでもドンクバーが無料で付きてきますし、お酒飲み放題も低価格で提供しており、さらに飲食の持ち込みは全店舗でOKです。カラオケルーム内で好きなだけ飲み食いしながら低価格でカラオケを楽しめる場となっています。

 

今回はそのジャンカラの特徴と料金とお得な利用方法について解説していきます。

 

ジャンカラの特徴

・低価格の室料に無料でドリンクバーが付いてくる
・料金が安くてサービスが豊富
・全店舗で持ち込みOK
・店舗メニューも大変安い
・飲み放題サービスも充実している
・割引制度の充実
・基本的にフリータイムでの満席追い出しはナシ(フリータイム時間いっぱい楽しめる)

 

特徴としては室料に対して無料でドリンクバーが付いてくることです。どの料金体制を選んでも、ドリンクバーはタダで付いてくるので料金がわかりやすいです。

 

料金が安いわりにサービスが豊富です。たとえばフリーWi-Fiが利用できたり、無料で充電器の貸し出しがあったり、DVD機の貸し出しが無料でできたり、多彩なルームが用意されていたり。無料でドリンクバーが付いてきて、お酒の飲み放題も安く提供されているので、安くカラオケを楽しめます。

 

特に注目すべきは「全店舗で持ち込みOK」な点です。たとえばコンビニでポテトや唐揚げやお菓子などを買って、それを袋を見せたまま堂々と受付時に店内に持ち込みことができます。

 

店内でメニュー注文すると高くなりますが、持ち込みOKなので、スーパーやコンビニで好きなだけ飲食を購入して持ち込むことができます。しかも飲み放題も安く、ドリンクバーは無料なので、お酒を飲んだり、ジュースやコーヒーやココアなど好きな飲み物を飲みながら、好きなだけ食べて歌うことができます。まさに「コスパ最強」カラオケ店です。

 

店内でメニューを注文する場合も「290円メニュー」が存在し、メニューの料金であっても安いです。

 

学生割引(学生証を提示)やシニア割引やクーポン割引が充実しているので、お得情報は逃さずキャッチしていきましょう。お得な利用方法についてはあとで詳しく解説していきます。

 

ジャンカラの料金表

料金はそれぞれ店舗によって異なるのでその都度確認が必要ですが、たとえば大阪府のJR茨木店ですと、料金は以下のようになります。

 

ジャンカラの料金
引用:ジャンカラ JR茨木店

 

全て室料に対してドリンクバーが自動的についてくるので、ワンドリンク制などそういったことはありません。
ちょっと複雑なのですが、主に以下の料金の種類があります。
・学生料金(学生の方で学生証を提示すると割引きになる)
・会員料金(アプリで会員登録した方)
・一般料金(アプリで会員登録していない方)
・シニア料金(55歳以上の方で身分証明書を提示してシニアカード会員になった方)

 

学生さんもしくはシニアの方は学生証や身分証などを提示すると割引きになるので、受付時にその旨を伝えると手続きしてくれます。

 

非会員よりも、会員登録した方が料金は安くなるので、何度もジャンカラ通おうと思っている方は初回で会員登録しておいた方がよいです。注意点として、ジャンカラではカード会員という制度はありません。会員登録になるには、専用のアプリをインストールして、各自で基本情報を入力する必要があります。

 

アプリ会員は無料で利用できますが、スマホやケータイからなのでパケットは当然かかります。受付時に店員さんから案内があるので、そこから登録もできますし、店舗に行く前にURLから各自で登録しておくこともできます。

 

料金については、大まかに「30分単位」か「フリータイム」かのどちらかになります。それに飲み放題(1時間で大体1500円程度)やお酒単品を付けるかどうかです。

 

2時間未満のショートタイムでの利用では30分単位での受付の方がお得です。3時間以上などロングタイムでカラオケを楽しみたい方はフリータイムで利用した方がお得となります。

 

たとえば平日の13時から90分カラオケを楽しむ場合、30分単位での注文で、会員料金で1人あたり480円となります。たとえば平日の11時から20時まで、9時間フリータイムを楽しむ場合、会員料金で1人あたり870円となります。

 

フリータイムの受付時間ですが、ジャンカラでは、「昼(OPEN〜20時まで)」「夕方(16時〜23時)」「夜(22時〜開店まで)」「エンドレス(11時〜5時まで)」と細かく設定されています。
たとえば11時からフリータイムを注文する場合、昼のフリータイム(19時まで)とエンドレスフリータイム(朝5時まで)選べる形です。自分に合ったフリータイムを自由に選ぶことができます。

 

お得に利用する方法について

・アプリ会員になる
ジャンカラではメンバーズカードはありませんから、会員になるには、アプリ登録するしかありません。

 

アプリ会員になるメリットは以下の通りです。
・登録は無料
・アプリ会員になると会員料金での支払いになるので安く利用できる
・アプリ内でクーポンが貰える(アプリのクーポン画面をそのまま受付で店員さんに見せる)
・ポイントが貯まる
・直近3ヵ月の利用時間によってランク特権が受けられる

 

無料登録が可能です。登録は以下のURLからインストールして基本情報を入力すれば完了です。

 

iphoneの方

 

アンドロイドの方

 

登録方法がわからない方は店舗受付で店員さんに教えてもらえます。

 

アプリ内でクーポンが配布(室料半額クーポンなど)されるので、その画面をみせればお得に利用できます。ポイントも貯まっていきます。

 

さらに直近3ヵ月の利用時間によってランクが上がっていきます。これは1人あたりの時間ではなく、たとえば5人でカラオケに行って自分が会員証を提示した場合、5人分すべての利用時間が自分に入ってきます。

 

ランクは以下の通りです。たとえば直近3ヵ月の利用時間が30時間を超えれば、ブロンズ会員になり、たとえば1名様室料半額クーポンと交換ができます。シルバー会員になれば90分デザート食べ放題無料クーポンなどどんどんランクが上がっていきます。

 

詳しくはアプリをインストールして「ポイント欄」をご覧ください。詳細にどのような特権があるか書いてあります。

 

ジャンカラの料金
引用:https://jankara.ne.jp/member/rank/

 

 

フリータイムで満席になったら追い出しってある?

ジャンカラでは、公式には、フリータイム追い出しがあるのは岐阜駅前店、新瑞橋駅前店だけと記されています。この2店舗でも、3時間保証は設けてあるので、最低でも3時間はフリータイムを楽しむことができます。

 

ジャンカラでは公式HPやアプリからいつでも空席状態がわかるようになっています。満席になるとHPで満席と表示されるようになります。それをみたお客さんは店舗に来なくなることがあります。

 

ジャンカラでは基本的にフリータイムでの満席での追い出しはありませんので、時間いっぱいカラオケを楽しむことができます。

 

これは大変うれしいシステムですね。フリータイムで入っても3時間保証だと、いつか電話がかかってきて退席を求められるのではないかと心配になることがあります。ジャンカラでは上記の2店舗以外はフルでフリータイム楽しめるので、うれしいですね。

 

置いてある機種について

DAMとジョイどちらも置いてあります。受付時に聞かれますのでどちらか好きな機種を選んで歌うことができます。

 

ジャンカラでヒトカラは?

ジャンカラでも勿論ヒトカラOKです。料金安いですしドリンクバーついていますしWi-Fiついていますし、フリータイムの時間も長いので、ヒトカラ楽しめると思います。

 

店舗によっては自動精算機が置いてある店があり、支払いは機械なので恥ずかしくないと思います。ジャンカラには1店舗だけヒトカラ専門店があります。イチカラ河原町店です。ヒトカラ専門店に行ってみたい方は利用してみてもよいと思います。

 

ただしジャンカラでは新しい機種もあれば古い機種もあり、ヒトカラの場合、古い機種に回される確率は高いと思います。

 

フリーWi-Fiについて

全店舗(洛北店・イチカラ河原町店以外)でフリーWi-Fiが設備されています。Wi-Fiを「ON」にして、使用可能なネットワークから「Jankara」を選択パスワード「81813850」を入力して接続完了です。

 

これは非情に有難いサービスですね。カラオケを楽しみながら、スマホを高速インターネットでいじったり、ヒトカラでパソコンを持ち込んでインターネットを楽しんだり、タブレットを持ち込んでインターネットができます。

 

予約について

公式HPやアプリから予約が可能です。同時に空室情報もわかり、満席に近づいた店舗は△で表示されます。ジャンカラではフリータイム満席での追い出しがない分、客入りが多い店舗に予約を入れずにいくと、かなり待つことがあります。

 

必要な方は以下から予約をとっておくとよいです。
https://jankara.ne.jp/region/aki/

 

メニューの値段

多彩なメニューがあるのですが、たとえば以下のメニューがあります。

醤油揚げたこ焼き 290円

イカ焼き 290円
鶏唐揚げ 290円
枝豆 290円
塩キャベツ 290円
チキンナゲット 290円
焼き鳥 290円
ポテト 340円
おつまみコンボ(唐揚げ、ポテト)490円
ピザ 490円
醤油ラーメン 390円
チョコパフェ 390円
大盛たこ焼き 550円
大盛 唐揚げ 550円
トリスハイボール 400円
日本酒 450円
カクテル オール450円

他のカラオケ店との比較

他のカラオケ店と比べて、全体的にサービスの質は高いと思います。

 

安い、フリータイムの時間は長い、追い出しがない、Wi-Fi使える、ヒトカラ利用できる、ドリンクバー無料、アプリクーポン充実、飲み放題や290円メニューが安い。これだけの低価格でこれだけの条件がそろっているカラオケ店はありません。

 

安くてカラオケを楽しみたい方にはうってつけのカラオケ店だと思います。ただし機種の品揃えはやはり直営店の方がよいと思います。

 

ヒトカラで最新機種を楽しみたい方はビッグエコー(DAM)やジョイサウンド(ジョイ)など直営店を利用するのも1つの手です(料金はジャンカラの1.5倍〜2倍くらいします)

 

このページの先頭へ戻る