ヒトカラ初めて、安く利用する

ヒトカラ初めての方に、利用方法と安く楽しむには?

ヒトカラはじめての方に、利用方法について

ヒトカラの利用方法ですが、とてもカンタンで、カラオケ屋さんに行って、受付をするだけです。店員さんから「利用人数」「利用時間(プラン)」「利用機種(DAMかジョイサウンドか)」「飲み物の注文」の4つを必ず聞かれるので、それに答えます。

 

1人でカラオケに行くと店員さんの方から「お一人様ですか?」と聞かれるのでそれに答え、利用プランは何時間利用すると答えます。フリータイムの時間(前半の部は朝11時から、後半の部は夜8時から)を狙ってフリータイムを利用すると一定料金で長時間利用できます。

 

利用機種はDAMかジョイサウンドかのどちらかです。どのお店もワンドリンクオーダー制になっているので、メニューを見ながらドリンクを注文します。

 

それかドリンクバーがある場合、ドリンクバーを注文するとよいでしょう。もし会員証がない場合、はじめての利用の時に作ることもできますし、会員証がなくても一般料金(+200円くらい)で利用ができます。何度も通う場合は会員証を作っておいた方が後々便利です。

 

この4つに答えたら、あとは部屋の案内をされるので、番号札を持って部屋にいくだけです。その番号札に終了時間(何時から何時まで)が書いてあるので、その時間まで、好きなだけカラオケを楽しめます。大抵のお店では終了5分前に電話がかかってきます。終わったら番号札を持ってレジに向かい、会計を済ませて帰るだけです。

 

特に平日の昼間は1人のお客さんが多い(4組に1組くらいはヒトカラ客)ので、店員さんもヒトカラ客の対応に慣れています。はじめてのヒトカラはとても緊張すると思いますが、平日の昼間か、それか平日の夜にいけば、店員さんはスムーズに対応してくれます。案外店員さんも他のお客さんも気にしていません。緊張する必要は一切ありません。

 

ただし、イベント時期や大型連休や金曜の夜や、土曜日の夜は、団体客がとても多くお店側もそういったお客さんを優先して通していくので、そのタイミングではヒトカラは避けた方が無難です。

 

ヒトカラを避けた方が無難な時期一覧

・金曜日の夜
・土曜日の夜
・(土曜日日曜日祝日の昼)
・連休(3連休、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始)
・イベント時期(クリスマス、ハロウィンなど)

 

平日に行けば、ヒトカラであっても、嫌な顔されることはありません。

 

私はいつも、平日の昼か平日の夜(たまに土日の昼)のフリータイムの時間を狙ってヒトカラに行っています。ドリンクはいつもドリンクバーを注文しています。

 

ワンドリンクでドリンクを注文すると、店員さんが1人でいる部屋にドリンクを運びにきます。歌っている最中に店員が入るという、それが気まずくて嫌なので、いつもドリンクバーにしています。ドリンクバーにするとコップを渡されて後は自分で自由にドリンクを入れるだけです。

 

カラオケについたら「フリータイムドリンクバー付きで」と一言いうだけで、あとは機種を答えればすぐに案内してくれます。

 

ヒトカラはいくらかかる?

これもカラオケ屋さんによって、店舗によって、料金システムは全く異なります。また時間で受付するのか、フリータイムで受付するのかによっても、料金は異なります。

 

2時間以内の利用でしたら、「30分単位+ワンドリンク制」となります。例えばビッグエコーですと、会員料金で平日の前半の部は30分200円です。ドリンクは350円〜400円くらいですから、1時間の利用で750円くらいかかります。

 

ヒトカラの場合、長時間歌いたいはずですから、大抵の人はフリータイムを注文すると思います。

 

店舗によって料金は多少異なるのですが、全国チェーン展開しているカラオケ屋さんはどこも同じような料金帯となります。

 

フリータイムの場合、平日の前半の部(11時〜19時)のフリータイムが1000円前後、平日の後半(20時〜午前5時)の部のフリータイムが1600円前後です。金曜日の夜か休日はそこからさらに+400円程度かかります。
※ドリンクの料金を含む値段
※たとえばコートダジュールなど一部のお店ではヒトカラ料金(フリータイム+300円)が設けられていることがある

 

フリータイムを狙っていくのであれば、前半の部では開店(朝11時)のタイミングでいくのが一番長い時間利用できます。後半の部ではどの店も夜の8時頃からフリータイム受けつけとなります。

 

ヒトカラを安く利用するには?

やはり時間帯というのがポイントになります。金曜日の夜、土日祝日は、利用客が増えることから、休日料金となり、+400円ほど値上がりします。また、店舗によっては、イベント時など忙しい時はヒトカラは案内を後回しされるということがあるようです。

 

安く利用するには、前述した通り、平日の昼(開店してすぐ)に利用するのが一番です。平日の夜も土日祝日ほどは高くなりません。

 

あとは、安いお店を利用することです。全国チェーン店の中で、特に料金が安いカラオケ屋さんは「まねきねこ」と「カラオケバンバン」です。この2つは安さを売りにしているカラオケ屋さんです。まねきねこはドリンクバー付きの料金で安く、さらにフリータイムの時間も長く、とてもお得です。

 

カラオケバンバンは室料が安く、トータルで他と比べて安いです。全国チェーン展開していないカラオケ屋さんだと、たとえば平日のフリータイムドリンクバー付きで500円というお店もあります。これは地域によってですが。

 

近場にそういったカラオケ屋さんがあると当たりだと思います。Googleで「カラオケ」と検索すると、近場のカラオケ一覧が出てきます。

 

ただ、やはり安さを売りにしているお店は、学生さんが多い印象です。安さを売りにしているのだから当然です。

 

安いお店だと3時間保証を設けていて、お客さんが増えて部屋が満席になると、フリータイムであっても、3時間が経過すると退室をお願いされることがあります。

 

あと壁がやや薄いということがあります。これは店舗によって違うのですが、稀に、防音室ではあるのですが、隣の人の歌声が多少聞こえてくるということがあります。思い返してみれば、安いお店の方が、そういったことが多かったです。

 

とにかく安いお店で集団客など気にならない人にはよいと思います。

 

私は安さを売りにしているカラオケ屋さんは避けるようにしています。ヒトカラの場合、リア充系のノリノリの団体客や学生の集団やガラの悪そうな客というのは、ちょっと気にかかる存在です。受付時でも、そういったお客さんがいるだけで、ちょっと気を使います。

 

私はビッグエコーやシダックスやJOYSOUND直営店など少しだけ高めのカラオケ屋さんに必ず平日を狙って行っています。料金は若干(安いお店と比べて200円程度)高いですが、こういったお店には学生さんや柄の悪そうなお客さんが少ないので、受付の時や歌っている時の乱入リスクを考えると、ちょっとだけ高いお金出した方が、安心できますし、カラオケを楽しめます。防音面でもしっかりしていることが多いです。

 

特に直営店(DAMならビッグエコー、ジョイならJOYSOUND)はおすすめです。他店と比べて直営店ですと機種の品揃えがとてもよいので、ヒトカラであっても最新機種で楽しめる可能性が高いです。どうしてもヒトカラですと、古い機種の部屋に回されてしまいますが、直営店ですと、そういったことが少なかったです。

 

このように安いお店であっても一長一短なので、安いから全てがよいというわけでは勿論ありません。

 

やはり平日よりも、休日の方が、こういったお客さんに遭遇する確率は高くなります。休日みんなでカラオケという人は多いと思うので当然です。混んでて、1人で待つ時間を考えると嫌で、どうしても休日はってなります。

 

そういった理由もあって、ヒトカラ利用する場合、必ず平日を狙うようにしています。

 

カラオケを安く利用するポイントは以下の通りです

・初回に会員証を作っておく(何度も通う場合は会員料金の方がお得です)
・次回に使える割引クーポンはとっておく(室料10%offなどのクーポンが貰えることがあります)
・学割・シニア割がある場合、学生証を提示してそれを利用する

 

 

お店側からしたらヒトカラ客って疎まれる存在なの?

1部屋に対して人数が多くお客さんが入った方が、メニューも注文するでしょうし、室料も増えるので、カラオケ屋としては儲けが増えます。ゆえにヒトカラ客よりは集団客の方がお金は落としてくれます。

 

金曜土曜の夜や大型連休など繁忙期では、集団客の方を優先的に通すようです。この時期に客引きをしているケースがありますが、上から必ず集団のお客さんに声をかけるように言われているそうです。やはり一般的には集団客の方が好まれます。

 

ただし平日のお昼などは部屋が空きやすく、そういった時は1人客であっても歓迎している店が殆どです。部屋を余すよりかは、1名であっても部屋に入ってくれた方が売り上げがあがります。

 

これは経営面の話で、現場にいる店員さんとしては、部屋を汚したりコップを割ったり悪がらみしてくる集団客よりは、部屋を汚さない1人客の方が対応しやすいようです。タイミングをみてカラオケにいけば、ヒトカラであっても冷遇されることはありません。

 

ヒトカラのメリットとデメリット

メリット
・自分の好きな曲を好きなだけ歌える
大勢でカラオケにいくと、全く知られてない曲やマイナーなアーティストやアニソンはどうしても歌いにくい空気があります。ヒトカラの場合は、周りを気にする必要がないので、自分が好きな曲をいくらでも歌うことができます。

 

・ストレス発散
カラオケの部屋は当然ですが防音になっており、いくら叫んでも周りに聞こえません。
自分が歌いたい曲を好きなだけ1人で歌えば、ストレス発散になります。気持ちを吐きだすことでスッキリします。

 

・歌唱力を気にする必要がない
大勢でカラオケにいくと、カラオケの上手さというのを注目されます。
勿論気にしない人もいますが、自分は音痴だと思っている人はなかなか大勢でカラオケに行けないものです。
ヒトカラだと誰も聞いていないので、カラオケ上手くなくても、好きなだけ歌うことができます。

 

・楽器の持ち込みができる
店舗によって持ち込みができるか予め確認が必要ですが、
大抵のお店では楽器の持ち込みができます。
ギターだったりその他の楽器を練習する場として利用ができます。
ドリンクバーを付ければ、ドリンク飲み放題ですから、好きな飲み物を飲みながら練習ができます。

 

・カラオケの練習ができる
ヒトカラではカラオケの練習ができます。防音室で発声練習もできますし、カラオケ曲でボイストレーニングもできます。
カラオケを歌えば歌うだけ、声帯を使うので、カラオケは上手になります。
採点も好きなだけ利用できますし、キーも色々なキーの変更ができ試すことができます。ガイドボーカルも好きなタイミングで入れたり聞いたりできます(原曲が思い出せない時)
録音(ジョイサウンドはログインなしで、DAMはDAMともログイン必須)機能が使え、その場で再生して自分の歌を客観的に聞くこともできます。
スマートフォンでも録音は勿論可能です。
アコギを持ち込んだり、ボイスレコーダーを持ち込んで練習も可能です。
長時間、防音室をカラオケ機材付きで安く利用できることを考えると、お得です。

 

デメリット
・受付時に少し気まずい
平日の昼間など人が少ない時間帯なら1人で行ってもそう気になることはないのですが、
金曜の夜や土曜日の夜など人が多いときは
1人で受付をすると、待っているお客さんが多く、少し気を遣います。
土曜日日曜日祝日の昼については、開店してすぐに受付して部屋に入らないと、開店から1時間〜2時間したらすぐにお客さんが多くなるので、1人で受付はちょっとやりづらくなります。

 

・店員さんがメニューを運んでくる時に少し気まずい
ワンドリンク注文時やメニューで食べ物を注文した後、店員さんが部屋にメニューを届けにきてくれますが、
その時ヒトカラだと少し恥ずかしいです。
ドリンクバーなら店員が部屋に入ってくることがないので、少し気が楽です。

 

 

ヒトカラ断られることってあるの?

断られることはありませんが、たとえばジョイサウンド直営店では、ヒトカラの場合、忙しい時は案内が遅れることはあるようです。以下のようにアナウンスされています。

ヒトカラ(1名様)のご利用について

JOYSOUND直営店では、1名様のご利用につきましても
お気軽にご利用頂けるようになっております。

 

ただし、金土日・祝前・祝日などの混雑日・混雑時間帯では
ご利用人数に合わせたお部屋へのご案内となりますので
少人数様用のお部屋の空きがない場合は
ご案内時間が他のお客様より長くなることや
ご期待に添えない場合がございます。

 

予めご了承頂けますようお願いします。
引用:ジョイサウンド直営店https://shop.joysound.com/hitokara/guide/


私自身100回以上ヒトカラをしていますが、1回も断られたことはありません。

 

ただし、カラオケ屋の稼ぎ時の「金曜日の夜」や「土曜日の夜」や「イベント時期」や「大型連休時期」など極端にお客さんが多い時は対応が遅れることがあるようです。このタイミングを外してヒトカラ行けば、問題なく受付をしてもらえます。

 

部屋への乱入ってあるの?

基本的にどんなお店でも乱入されるようなことはありません。お客さんが違う部屋へ乱入をした場合、あまりに態度が悪いお客さんは店員さんが注意し、何度もそのようなことがある場合、出禁となります。

 

そういったお客さんはカラオケの利用ができなくなります。可能性はゼロではないですが、そういったお客さんは出禁になるので。歌っていて、知らない部屋の人が間違えて入ってくることは、可能性はゼロではないと思います。

 

私自身、もう8年以上ヒトカラ利用しています。利用回数は100回をゆうに超えていますが、乱入されたことは一度もありません。1度だけ誰かが間違えて入ってきたことがありますが、謝られてすぐに退出しました。

 

それくらいです。乱入や誰かが間違えて入ってくるというのは、基本的にない話です。私が利用しているのは、多くが平日です。さらに安いお店を避けてちょっとだけ高い料金のお店を選んでいます。お客さんも多くなく、さらに平日なので同じようなヒトカラ客も多く、それゆえ、乱入など避けられていると思います。

 

ヒトカラの楽しみ方について

うたスキやDAMともに登録するとヒトカラをより楽しむことができます。ジョイサウンドではうたスキというサービスを提供しており、DAMではDAMとものサービス提供があります。

 

これはスマホやPCから無料でマイアカウントの作成が可能で、アカウントの作成をしたらIDとパスワードを入力していつでもログインができます。これまでの歌った曲の履歴を見れたり、精密採点をした場合、過去の採点結果(点数)が見れたり、その場で録音したら、あとでマイページでそれを聞くことができます。

 

また、自分が歌った曲の公開が可能で、公開をすると、他のユーザーに聞いてもらえ、いいねが貰えます。ユーザー間での交流もできます。

 

アカウント作成したら、IDとパスワードは必ずスマートフォンなどにメモしておき、カラオケの部屋のデンモク(リモコン)でそれを入力すれば、カラオケの部屋でもログインができます。カラオケの部屋で他のユーザーの歌唱も聞くことができます(機種によっては)。1度無料登録しておくと、ヒトカラの楽しみ方がグッと増えるのでおすすめです。

 

うたスキ

 

DAMとも

 

ヒトカラ専門店について

店舗はとても少ないのですが、ヒトカラ専門店のお店があります。「ワンカラ」です。

 

店舗は東京都と神奈川県合わせて8店舗(心斎橋店、川崎東口店、上野店、南池袋店、秋葉原店、新宿大ガード店、池袋東口店、神田駅前店)しかありません。

 

コンデンサーマイクを使って、ヘッドフォンで自分の歌を聴きながら歌うというものです。料金は450円/30分、3時間パックで2000円とやや高くなっています。行ける範囲に住んでいる方で興味のある方は利用してみてもよいかもしれません。

 

・ワンカラ

 

あとは、カラオケ館や快活クラブでもヒトカラ専用ルームが設けられています。ただしこれは設置店舗が少なく、さらに店舗に1〜2ルームしかないので、席がすぐ埋まる可能性があり、利用しづらいと思います。

 

・ひとりカラオケルーム(カラオケ館)

 

・ワンツーカラオケ(快活CLUB)

 

ヒトカラあるある

飲み物くるまで歌えない
ワンドリンクで注文すると、部屋に入ってすぐ歌うと熱唱中に店員さんが入ってくる恐れがあり、それゆえ、ワンドリンク注文の時は飲み物が来てから歌う習慣ができます。

 

受付は緊張するけど、部屋に入ると案外大丈夫
カラオケに1人で受付はとても緊張しますが、前述した通り店員さんはヒトカラ対応に慣れているので、案外大丈夫です。

 

広すぎる部屋に案内されることがある
ヒトカラの場合、古い機種の部屋に案内されることが多いのですが、たまになぜか広い部屋(パーティールーム)に案内されることがあります。スペースがあり余ります。

 

旧機種の部屋ばかり当たる
どうしても新機種は集団客に回され、旧機種はヒトカラ客に回されることが多いです。ヒトカラだと旧機種の遭遇率が高くなってしまいます。また、マイクの返りが悪い部屋に案内されることもあります。
同じ曲を何度でも歌える
お気に入りの曲を何度も入れて歌うことができます。

 

このページの先頭へ戻る