カラオケで上手く歌うコツについて

カラオケですぐに効果が実感できる上手く歌うコツについて

カラオケの上達方法について解説していきます。カラオケの上達についてですが、方向性が2つあると思います。

 

1つはカラオケ採点で点数を上げたいというケースと、もう1つは人が聞いて上手いと思われるように上達したいというケースです。

 

この2つの方向性については既に記事に書いているのですが、機械が測定する点数での上手さと実際の歌の上手さというのは、ある部分では一致し、ある部分では一致しません。方向性は別物ですので、その点注意が必要です。

 

純粋にカラオケの点数を上げたいという方は以下の記事を参考にしてください。

 

カラオケで高得点を狙えば狙うほど歌が下手になるというお話

 

今回は人の耳で聞いて上手いと感じるカラオケの上達方法に絞って解説していきます。カラオケの上達としてすぐに実感できるコツと、コツコツと時間をかけないと実感できないコツとがあります。まずはすぐに効果を実感できるコツについて解説していきます。

 

カラオケですぐに効果を実感できる9つの上達術

カラオケですぐに効果を実感できる上達方法は以下の通りです。

 

@何度も原曲を聞いてメロディを覚える(カラオケアプリを使うと便利)
A歌いやすいキーに合わせる
Bマイクの握っている手の角度を調節して、マイクが口のど真ん中に来るようにする
C伴奏とマイクの音量バランスを調節する
D伴奏をしっかり聞きながら歌う
E口を大きく開けて1つ1つの言葉をハッキリ歌う
F必要があればガイドメロディを大きくする
G音程に不安がある方はジョイサウンドで歌う
H歌う前にストロートレーニングで準備運動をする

 

@原曲を何度も聞いてメロディを覚える(カラオケアプリを使うと便利)

まずメロディを覚えないと歌えないので、原曲を何度も聞いて正しいメロディを覚えるようにします。ワンフレーズ聞いて止めて口ずさみ、またワンフレーズ聞いてを繰り返すのがポピュラーな覚え方かなと思います。なんとなく雰囲気で曲を聞いてメロディを覚える方がいますが、そうではなく、ちゃんとメロディを追って、意識して聞いて、メロディを正しく覚えていくことが大事です。

 

注目点としては、満遍なく曲を覚えるというより繰り返し使われているフレーズに注目しながら覚えていくと効率的です。

 

メロディというのはずっと違うメロディがランダムで流れ続けているわけではなく、同じメロディが何度も何度も繰り返し使われています。ピアノでソロを弾く人ならドレミで覚えていきますから気付いていると思いますが、曲に出てくるメロディフレーズの数はそう多くありません。

 

Aメロで同じメロディが2回繰り返されていたり、Bメロでも同じくで、サビは特に2番、3番でも何度もキャッチ―なメロディが繰り返し流れます。

 

1曲を通して登場するメロディの種類(数)というのはそう多くはないのです。なので、枠組みとしてメロディを捉えながら、曲を覚えていくとよいかと思います。

 

曲を覚える時に便利なのがカラオケアプリです。たとえばジョイサウンド(月額200円)だったりDAMのカラオケアプリ(月額1000円)だったりです。

 

これらは曲検索すると大抵の曲は出てきますし、ジョイサウンドは特に大きく音量でガイドメロディが流れています(メロディの音の大きさを調節できます)。同時に歌詞も流れるのでメロディを覚えるのにはうってつけです。手元に音源がない曲でも検索して覚えることができます。

 

キーも自在に変更できるので、声種の違うアーティストの曲でも、変更したキーのメロディを覚えることができます。その場で鼻歌で歌うことも可能です。スマートフォンにインストールしておくと何かと便利です。

 

A自分のキーに合わせる

相対音感がまだ育ってなくてキーを変更したら協和関係がわからなくなるという方はまた別ですが、基本的には、自分のキーに変更して歌った方が上手に歌えます。

 

人それぞれ声種があり、それぞれ一番旨味のある音域は異なります。たとえばバス(低音域の男性)の方ですとD4〜F4が最もハイトーンが出やすい音域となります。バリトン(中音域の男性)ですと、E4〜G#4が最も声が張れる音域です。

 

この最も声が出る音域にサビが来るようにキーを変更すると、サビで盛り上がりますし、上手に聞こえます。

 

ただし、このキーの変更というのがとても難しく、現代の曲は男性アーティストの曲だと地声で2オクターブの曲が殆どです。女性の曲でも1.5オクターブが平均です。音域がとても広く、これらは訓練を積まないと出ない音域です。ですから、そもそも音域をカバーできていないという方は原曲で歌ってサビはオクターブ下という形になります。

 

キーの変更方法ですが、3つ単位で変更していきましょう。自分より1つ上の声種の曲では3つ下げます。女性の曲では3つ上げてオクターブで歌うと丁度よいケースが多いです。キーの変更方法については詳しくは以下をご覧ください。

 

自分に合ったキーの変更方法

 

Bマイクの位置の調整

カラオケで使われるマイクはダイナミックマイクですが、このマイクは単一指向性です。マイクの頭から真っすぐ伸びて5pくらいの距離が一番音を綺麗に拾ってくれます。たとえばこの距離が離れすぎるとううまく声が拾えず、芯がないようなスカスカした歌声になってしまいます。

 

たまに思いっきり歌っているのに全然マイクに声が乗っていない方がいますが、これはマイクの距離が原因です。5pを目安に自分の声に芯が出てしっかりと声を拾ってくれる距離に調節してみましょう。

 

5pくらい離れた地点で口のど真ん中にマイクが来るようにします。こうすることで一番よい声質で音をキャッチしてくれますしハウリング防止にもなります。近接効果といって、マイクに近づければ近づけるほど低音が強調されるというテクニックがあります。Aメロやバラードなどしっとりと歌いたい時はマイクを近づけて近接効果を狙うとよいでしょう。

 

マイクの持ち方

 

あとは、イラストのように、マイクは地面から水平に持った方が音をよく拾います。持っている手の角度を調節して水平になるようにします。

 

グリル(マイクの頭)を手で持ったり(触れたり)、手で覆い隠すのはNGです。ハウリングの原因になります。

 

Cマイクと伴奏の音量バランスを調節する

カラオケ本番では覚えたメロディに伴奏を合わせるということが必要です。原曲キーでそのまま歌う場合はまだ合わせやすいですが、キーを変更する場合は、特に伴奏を聞いて、その伴奏にメロディを合わせていく必要があります。そのために、カラオケボックス内の音の大きさを、はじめにテストとして歌いながら、調節する必要があります。

 

カラオケボックス内では「ミュージック音量(伴奏の音)」「マイク音量」「エコー」の3つを音を自由に調節することができます。これはDAMでもジョイサウンドでも同じです。この3つを上手に調節してあげることでカラオケは上手になります。

 

エコーですがこれは残響音のことで、エコーを強くすると残響が強くなるので声に厚みが増します。声が浅い方はこれで誤魔化しがきくケースがあります。欠点としてエコーを強くしすぎると残響音から音程が取りずらくなります。気持ち響いているかなくらい(10〜15くらい)に留めておくのがよいかもしれません。

 

問題は「マイク音量」と「伴奏音」です。これをしっかり合わせてあげないと、たとえばマイク音量ばかり大きくて伴奏が全く聞こえないと、伴奏のコードに歌を合わせていくということができず、

 

いわゆる音痴(不協和音)の状態になります。逆に伴奏ばかり大きくて自分が歌っている歌が聞こえない(マイクの音が小さい)とメロディの確認ができず、崩れてしまいます。

 

伴奏がしっかり聞こえて、なおかつ自分の声もちゃんと聞こえるという、このバランスをテストで歌いながらその場で自分の耳で確認しながら調節する必要があります。
調節はデンモク操作や本体からでも可能です。マイクの音よりも、気持ち伴奏音を大きくした方が上手に歌えると思います。

 

D伴奏(コードとドラム)をしっかり聞きながら歌う

バランスを調節したら、あとは伴奏をしっかり聞いて歌います。注目すべきは「コード(和音)」と「ドラム(リズム)」です。

 

たまに「ベース音を聞いて歌えばいいんだ」という意見がありますが、これは間違いです。ベース音はあくまでコードのルート音の1つであり、ベースを聞くというよりは、コード全体の響きを聞きながら、その響きに合わせてメロディを作るとよいです。ベース音は倍音が少ないため、ベースだけ聞いても音程は合わせられません。

 

ギターやピアノなどのコードの響きを感じ取りながらそこに協和するメロディを作っていきます。

 

リズムも同様に、伴奏では一定のリズムをドラムが刻んでいますから、そのリズムを体で合わせながらメロディを歌で作っていくとよいです。何か1つの音だけ注意して聞くのではなく、伴奏全体(特にドラムとコード)を漠然と聞きながら、それにメロディを合わせていく感じです。

 

E口を大きく開けて1つ1つの言葉をハッキリ歌う

口の中(唇や舌や歯)をしっかりと動かして言葉を作っていきます。

 

この言葉で歌のリズム感は生まれるので、しっかりと口を大きく開けて1つ1つの言葉をハッキリと歌うことが大事です。必要があればアクセントも加えます。モゴモゴと口を動かさないで歌うと、歌詞(言葉)が曖昧になり、ゆえに歌にリズム感が生まれませんから、のっぺりとしたお経のような変化の乏しい歌になってしまいます。

 

F必要があればガイドメロディを大きくする

音程に不安がある方はガイドメロディを大きくするとピッチが取りやすくなります。DAMでもジョイサウンドでもデンモクからガイドメロディを大きくすることができます。

 

G音程に不安がある方はジョイサウンドで歌う

DAMとジョイサウンドとでオケの作りが大きく違います。

 

DAMはオケが原曲に忠実に作られています。原曲は多くがボーカルとドラムの音が一番大きく、次にベース、コード(ギターやピアノ)は小さく設定されています。そのバランス関係のまま、DAMはオケを作っているため、聞いている分には大変完成度の高いオケなのですが、歌うとなると、コードが小さいので特にキー変更した時などは多少音程が取りづらいです。

 

一方ジョイサウンドは歌いやすいようにアレンジされており、ガイドメロディとコード(和音)の音が大きく設定されています。ゆえに特に音程の面ではジョイサウンドの方が取りやすい作りとなっています。

 

勿論それぞれ好みがありますので、自分が歌いやすい方で歌えばよいのですが、色々と試してみるとよいです。

 

H歌う前にストロートレーニングで準備運動をする

タピオカハイトーントレーニングボイトレ
ストロートレーニングとは、昔からあるボイストレーニング方法で、500mlのペットボトルと太口ストロー(口径12mm長さ180mm以上)を用意します。太口ストローはAmazonや楽天で検索すると出てきますし100円均一でも売っていることがあります。

 

トレーニング方法はペットボトルに半分水を入れて、ストローを奥まで差し込み、ストローからブクブクと空気を送り込むだけです。

 

カラオケ前に5分〜10分程度準備運動としてストロートレーニングするだけで、かなり声が出るようになります。なぜこれで歌が上手くなるのかですが、あとで解説する、丹田での腹式呼吸のコントロールができるようになるからです。丹田で空気を押し出すことによって強くパワフルな声が出るようになるのです。

 

・その他

歌う前にベルトを緩めておくと腹式呼吸がしやすくなるので歌うのが楽になります。歌いながら身振り手振りをして、アーティストがライブでやっているように手な動きを加えることで音程が取りやすくなります。
座って歌うより立って歌った方が声が出ます。

 

 

 

時間をかけてカラオケを上達する(上手く歌う)コツ

カラオケを上手に歌うための、コツコツと時間がかかる練習方法です。基本中の基本となりますが、やはり腹式呼吸と音程トレーニングです。それぞれ解説していきます。

 

腹式呼吸

カラオケ上達するコツはとにかく、腹式呼吸です。丹田で呼吸をコントロールできるようにし、音程を意識しながら歌うようにします。その時今出している音と次の出す音をスムーズに繋げるようにして歌うこと、1つ1つの言葉を丁寧に発音することの2つです。

 

この息を繋げて歌うことをレガートで歌うと言います。レガートで歌うことができると、音程が繋がっていき、そこで度数の進行がより明確になります。たとえば完全4度上の進行などメロディには耳に快感を与える繋がり方があります。名曲にはこういった進行がたくさん入っているのですが、レガートで歌うことができると、メロディは滑らかにつながっていくので、そういった進行をよりハッキリと感じさせることができます。

 

これが上手いと思わせられる理由です。

 

この腹式呼吸はすぐにできるものではなく、日々の訓練の積み重ねでやっとできるものです。大体練習時間でいうと40時間〜50時間は反復練習が必要です。腹式呼吸の練習方法ですが、イラストにすると以下の通りです。

 

丹田で腹式呼吸をする

 

丹田はおへそから5p下にある部分です。意識するのは丹田のみです。丹田を凹ませる(プレス)させると、空気が自然と口から出ていきます。

 

丹田へのプレスを強くすればするほど強い空気が口から出ていくことになります。すべての空気を出し終えたら丹田を脱力させます。すると自然と丹田は膨らみ、口から空気が入っていきます。この丹田プレスと脱力の繰り返しが腹式呼吸となります。

 

歌う時も丹田をプレスし続けてフレーズ中でメロディを繋げて繋げて歌っていきます。息を出し終えたらお腹を緩めると自然とブレスとなります。この呼吸法を意識して練習していくとよいです。

 

音程

伴奏にはコードが含まれます(3つ以上の音が同時に鳴っている)。これらの関係は原則協和関係で成り立っており、たとえばFコードですとファ(1度)とラ(3度)とド(5度)という協和関係にあります。

 

この構成音にメロディは埋め込まれているのです。2音を同時に鳴らして音程がズレていくと、うなりが発生します。2音がピッタリ一致すればうなりは解消され音は1つにまとまるのですが、音程がズレているとうなるのです。

 

このうなりを意識することから音程練習は始まります。

 

練習方法は電子キーボードを用意して自分の音域内のどれでもいいので1音鳴らします。
音程練習の方法について

 

音色がピアノだと1音鳴らし続けることができないので、音色をオルガンに変えましょう。電子キーボードなら音色を自由に変更できます。オルガンなら鍵盤を押し続けるとその音が鳴り続けます。1音鳴らし続けた状態でそれに声を合わせていきます。

 

ここで少しでも周波数がずれているとうなります。うならないように、声を出すという練習です。これを自分の音域内の音すべて練習していきます。基音に対して自分の声がうなっている(濁っている)のかうなっていないのか、その点だけに意識を向けて練習します。

 

最初は2音同時の練習を行い、そこでうなりが発生しないようになれば、次は和音(コード)を電子キーボードで弾いて、どこでもうなりが発生しないように練習していきます。

 

和音でもうなりが発生しないようになれば、伴奏に対してメロディがハーモニーとしてキレイに響いているので、かなりカラオケが上手になっています。

 

 

このページの先頭へ戻る